小さな頃から医学部を目指すメリット

小さなころから医学部を目指す!

英才教育

幼少期から目標は医学部!

受験競争が激しさを増していることもあり、幼いころからの英才教育が一部で加熱しています。

 

わが子には将来医者になってもらいたい

 

そのために、幼児や小学校入学前から実行を、と考えている保護者の方も多いでしょう。そのメリットと、注意すべきポイントを紹介しましょう。

 


勉強の習慣がつく

子どものころは、頭も柔軟で感性も豊かです。からだで覚えたことは忘れずに、成長してからも生きる大きな力になります。

 

特にこの時期に、有名幼稚園や小学校を目指して数や図形、文字の学習を始めると、勉強の習慣が早くから身につきます。また、受験のためには挨拶や周囲との協調性も必要で、医師にとって大切な社会性も早くから身につきます。

学習のコツがつかめ受験に有利

有能な人材の基礎力養成を目指す幼稚園や小学校では、中高一貫校を照準に合わせたカリキュラムで早期教育に取り組んでいます。社会・理科・数学の基礎知識も子どもに興味を持たせる教え方と効果的な教材で指導。自分で応用力を広げられるよう支援しています。

 

小さいころからのこうした学習は、学びのコツがつかめ、中高一貫校の受験にもたいへん有利になります。

早く目標が見つかり、持てる力を発揮できる

子どもにとって、周囲の影響は計り知れません。周りに知育にあふれた子、個性豊かな子、はっきりした意志を持っている子など、ユニークな友達がいることは大きな刺激になります。自分の目標も早く見つけることができ、自分から好きなこと、目指すことに集中して向かっていける能力が養えます。

視野が広がり、自立をうながす

電車やバスを利用して通園・通学することになると、住んでいる地域中心から行動範囲がグンと広くなります。社会的な接触も格段に増え、自然に視野も広まります。また、多様な友達が集う中で切磋琢磨され、活動的な日常生活を送ることで、自立心も養うことができます。

注意したい点

小さいときから医師を目指すのは、ほとんどが親の希望からです。いくら子どもの将来のためとはいえ、親のエゴで物事をすべて決め、それを子どもに押し付けてはいけません。子どもの負担になり過ぎると、せっかく選んだ環境も嫌いになり、思わぬ方向に逸れていったりします。

 

子ども自身が進んで行えるよう、過大な期待を持たず、楽しく、伸び伸び育っていける環境づくりを心がけたいものです。

この学校に資料請求(無料)

目指せ医学部!

line

幼少から医学部を目指す!

中学受験

地方から医学部を目指す!

目指せ医学部!Q&A

国家試験情報


top

目指せ医学部!

絞り込み条件を設定

都道府県を選ぶ

エリアを選択してください

タイプを選ぶ

サポート対象を選ぶ

希望進路を選ぶ

この条件で再検索する

予備校資料請求リスト